FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族で過ごすJul

 日本でクリスマス・イブというと、街は華やぎ、人々も浮かれ、恋人はロマンティック爆走中という感じですね。スウェーデンはキリスト教の国。Julafton(ユールアフトン、クリスマス・イブ)もJul(ユール、クリスマス)も、さぞや盛り上がるんだろうな、と思っておりました。

 しかし、実際は違いました。
 この写真を見てください。
 クリスマス・イブのKungsgatan
 これはJulaftonのお昼過ぎのKungsgatan(クングスガータン、王様通り)を写したものです。なんて閑散としているのでしょう。
 なんと、あのマクドナルドすらお休みなんです。
 マクドナルドすらお休み
 Kungsgatanはイェーテボリでもっとも賑やかな商店街。そこですらこの有様。
 そして、Julaftonの夜も翌日のJulも同じようなものなのです。

 そうなんです。
 スウェーデンでは、JulaftonもJulも、家族や親しい人と家で過ごす日なのです。街にでて騒いだりしないのです。お店だって休みだったり、早じまいだったり。まるで昔の日本の正月三が日みたいです。

 まぁ、宗教的な日ですものね。家族で”ゆっくり”過ごすのもいいよね。

 と、思ったあなた。
 スウェーデンを甘く見ています。フフフ。
 
 スウェーデン人の友人に聞くと、この二日間は実はかなり忙しい日なんだそうです。
 離婚、再婚の多いスウェーデン。
 だから、いまの配偶者や子どもの家族だけではなくて、それ以前の配偶者やその間にできた子どもの家族もあったりするのです。場合によっては、それも複数(笑)。しかも、自分の親も同じように再婚してたりして…。ですから、いっしょに過ごすべき、大切な家族がmånga(モンガ、いっぱい)。
 これらの家族と過ごそうと思ったら、あっちこっちと動き回らないといけないのです。
 そりゃ、忙しくもなりますよね。
 古き良き伝統(家族と過ごすこと)と、新しいライフスタイル(離婚と再婚)とをまじめに両立させようとしているスウェーデン人。思わず応援したくなります。
 Heja Sverige!(ヘイヤ スヴェーリエ!、がんばれ、スウェーデン)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Gustav

Author:Gustav
 ようこそ、ワタシのブログへ!
 ここではゲイである私の思いなどを綴っています。
 10か月間のスウェーデンはイェ-テボリでの生活を終え、帰国。現在、瀬戸内海沿岸に出没中。

  male★mail.goo.ne.jp
 (★を@に変えてくださいね)

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りのゲイ・ブログ
表示はアルファベット順です。
お勧めのサイト
表示はアルファベット順です。
All About 同性愛

ゲイ専用Blogリーダー:GBr

エイズHIVマップ すぐに役立つHIV(エイズ)の情報サイト

スウェーデン・LGBT向けSNS qruiser.com

スウェーデン・LGBT情報サイト QX.se

FC2カウンター
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
イェーテボリの天気
Bearforce1 ビデオクリップ
First Hit "Bearforce1"


New! "SHAKE THAT THING"


  • The official Bearforce1 website
  • ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。