FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストックホルム(Sthlm)第四弾

 スットクホルム第四弾は、ちょっと面白いもの、珍しいものです。

 スウェーデンの高級百貨店の「NK」。
 でも、発音は「エンコー」。
 ワタシが「エンコー」というたび、相方が変な顔をしていました。
 NK(百貨店) (ワタシの好きな百貨店です)
 
 そのNKのオリジナル・ブレンドの紅茶。
 相方もワタシも職場へのお土産用に大量に買いました。
 この中には「QUEENS BLEND」という名前のものがあります。フフフ
 NKのオリジナル紅茶 (とてもいい香りです)

 セルゲル広場からNKに向かう途中の地下街で見つけたお店、「STOCKHOME」。
 家庭用品のお店のようです。
 ストックホルムにかけてあるのね。在庫(stock)もいっぱいあるのかな。
 家庭用品の店 STOCKHOME

 スウェーデンの市場やスーパーでよく見かける果物がコレ。
 そう、鬼灯(ほおずき)です。
 日本では、鑑賞用だったり、子どもが鳴らして遊ぶものだったりしますね。 
 味は、えーと、あまり覚えていません。不味くはなかったハズです。
 鬼灯(ほおずき)の実 (ケーキにのっていることも)

 最後も、日本ではまず食べないもの。
 実はこれ、ザリガニです。
 茹でて食べます。
 スウェーデンでは、夏の風物詩で、これを食べるザリガニ・パーティを開いたりします。
 味は、泥臭いエビという感じです。 
 クレフタ(ザリガニ) (最近は中国産が中心)
スポンサーサイト

ストックホルム(Sthlm)第三弾

 もう帰国していますが、ストックホルムの第三弾です。

 ご紹介するのは、ジブリの「魔女の宅急便」の舞台のモデルのひとつであるストックホルムの中心部、旧市街「ガムラ・スタン」(Gamla Stan)です。

 そのガムラ・スタンにある「リカ・ホテル・ガムラ・スタン」に泊まりました。
 17世紀の建物を利用した趣のあるホテルです。
 リカ・ホテル・ガムラ・スタン (お勧めのホテルのひとつ)

 第一弾(コチラ)でも書きましたが、そのホテルの4階のテラスからの風景。
 ホテルの4階のテラスから見えるドイツ教会の塔 (ドイツ教会の塔が見えます)

 観光地のガムラ・スタンも、観光ルートを離れると、こんなにのんびりした感じ。
 ある朝のガムラ・スタンの風景

 ガムラ・スタンの中心部、大広場(Stortorget)に面するノーベル博物館。
 ノーベル博物館

 そのノーベル博物館と大聖堂の間の公園で遊ぶ子どもたち。
 公園で遊ぶ子どもたち (こんなところで遊んで育ったら、すごい大人になりそうだね~)

 ノーベル博物館に向かって左側にある、LGBTフレンドリー・カフェ、CHOKLADKOPPEN。
 CHOKLADKOPPEN.jpg (もちろん、レインボー・フラッグが出ています)
  ※このお店については、コチラ

 そのCHOKLADKOPPENの看板メニュー、ホット・チョコレート。
 CHOKLADKOPPENのホット・チョコレート (量が多いです)

 ガムラ・スタンにもありました、マンガ屋さん。
 ガムラ・スタンのマンガ屋さん

 しかも、YAOI(ヤオイ、ボーイズ・ラブ)のコーナーもあり。
 恐るべし、日本のサブ・カルチャー。
 YAOI(ヤオイ・ボーイズ・ラブ)

 これで閉めるのも何なので、ホテルのテラスにあった花の鉢植えで、お口(お目?)直し。
 ホテルのテラスにあった花の鉢植え

【加筆修正】スットクホルム(Sthlm)第二弾

 【レイアウトを見やすく直した上で、内容を書き足しました(*印:追記もしくは修正部分)】



 今日(27日)は一日、相方と少しのケンカをしながら、ストックホルムをフラフラと。

 王宮の衛兵さんを視姦したり、
 王宮の衛兵さん (このコはワタシの元彼に似ていた)

 夏に出回るベリー類と、今が旬のカンタレラ(きのこ)の屋台を冷やかしたり、
 ヘートリエットの八百屋さんの屋台 (写真には写っていないけど、中近東系のイイ男が多い~)*

 デパートや、スウェーデンのユニクロであるH&Mで服を買ったり、
 フィリッパ・コーのジャッケト (これはデパートで買った、スウェーデン・ブランドのFilippa Kのコーデュロイ・ジャケット)*

 無料の新聞と一緒に並べられていた、LGBTのフリー・ペーパー『QX』もらったり、
 LGBTのフリーペーパー『QX』 (ここは文化会館の地下入口にあるスタンド)*

 セルゲル広場(ストックホルムの中心にある広場)で行われていた、LGBTの処刑に反対するパフォーマスを見たり、
 LGBTの処刑に反対するパフォーマンス (横断幕には「HBT(LGBT)を死に至らしめるな」とある)

 夜は、ゲイ・バー&レストランの「side TRACK」へ行ったり、
 ゲイバー「side TRACK」入口 (料理はやや塩辛い~)*
  ※このお店については、こちら

してました。


 これは、ストックホルムのゲイ・マップ。 
 ゲイ・マップ ストックホルム 2009年夏 (ダウンロードは、コチラから)*
 表紙は2種類(レズビアン・カップルとゲイ・カップル)。
 だけど、中身は同じ。

ストックホルム(Sthlm)第一弾

 こちらは、いま、27日の朝8時半すぎです。
 ホテルの屋上から、ドイツ教会
 旧市街(ガムラ・スタン)にあるホテルの屋上から眺め。
 尖塔はドイツ教会のもの。

 ノーベル・ディナーのテーブル・セット
 昨日の夜、いただいた2008年度のノーベル・ディナーは、2007年度のもの(コチラ)より、ずっとおいしかったです。
 詳細はまた今度。



 昨日の質問の答えです。
  Gbg:イェーテボリ(Göteborg)
  Sthlm:ストックホルム(Stockholm)
 文字ではこのように略して書くこともあります。

GbgからSthlmへ

 GbgからSthlmへ。
 SWEの超特急、X2000で移動中。
 X2000その1
 列車の中からの更新です。
 X2000の中から更新
 相方は隣りで、爆睡中です。
 いろいろと連れまわし過ぎたかな。

 ところで、これが今回の列車内食(前に乗ったときのは、コチラ)。
 X2000列車内食090826
 飛行機と同じように、席まで持ってきてくれます。
 でも飛行機と違って、無料でないのが残念。
 そこそこおいしかったです。


 Dagens fråga(今日の質問)
  Gbg、Sthlmとは、何のことでしょうか?
プロフィール

Gustav

Author:Gustav
 ようこそ、ワタシのブログへ!
 ここではゲイである私の思いなどを綴っています。
 10か月間のスウェーデンはイェ-テボリでの生活を終え、帰国。現在、瀬戸内海沿岸に出没中。

  male★mail.goo.ne.jp
 (★を@に変えてくださいね)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りのゲイ・ブログ
表示はアルファベット順です。
お勧めのサイト
表示はアルファベット順です。
All About 同性愛

ゲイ専用Blogリーダー:GBr

エイズHIVマップ すぐに役立つHIV(エイズ)の情報サイト

スウェーデン・LGBT向けSNS qruiser.com

スウェーデン・LGBT情報サイト QX.se

FC2カウンター
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
イェーテボリの天気
Bearforce1 ビデオクリップ
First Hit "Bearforce1"


New! "SHAKE THAT THING"


  • The official Bearforce1 website
  • ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。