FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間延長【REACH Online 2009】 調査協力のお願い 

 GAY_JAPAN_750_90.gif

 reach2009_s468_02.gif


  REACH Online 2009(サイトは、コチラ


 調査期間が、10月31日まで、延長されました。

 今年も、男性同性間のHIV感染予防対策を推進するためのインターネット調査が行われます。
 とても重要な調査です。
 もちろん、個人のプライバシーは保護されます。
 
 対象となるのは、次の方々です。
  ①16歳以上の男性であること
  ②過去6ヶ月間に男性とコンドームを使わないアナルセックスがあったこと
  ③現段階でHIV陰性あるいはHIV感染状況を知らないこと

 可能であれば、ご協力ください。 

 ご協力いただける方は、コチラ
  https://www.j-msm.com/2009/pre/0.html 

 reach2009_s468_01.gif

  平成21年度厚生労働省エイズ対策研究事業
   「インターネット利用層への行動科学的HIV予防介入とモニタリングに関する研究」
    研究代表者 日高 庸晴(関西看護医療大学看護学部・講師)
      <事務局> 〒656-2131 兵庫県淡路市志筑1456-4
              関西看護医療大学看護学部 日高研究室

 2009reach100_60loop01.gif 2009reach100_60loop01.gif 2009reach100_60loop01.gif 2009reach100_60loop01.gif 2009reach100_60loop01.gif
 【2009.10.2 加筆修正】
スポンサーサイト

大聖堂でのエイズデー

 今回は、去年のイェーテボリでのエイズデーの話をしたいと思います。
 
 もっとも印象に残っているのは、夕方からイェーテボリの大聖堂(Domkyrkan)で行われたAIDSで犠牲になった人たちを追悼する行事、「ともし火とミサによる追憶のとき」(Minnesstund med ljuständning och mässa) です。
 大聖堂(ドムシュルカン)
 大聖堂といえば、イェーテボリで最も格式の高い教会です。ちなみにスウェーデンのキリスト教は、プロテスタントのスウェーデン国教会(福音ルーテル派)です。

 この写真をご覧ください。
 祭壇に飾れたレッドリボン&レインボーフラッグ
 祭壇にレッドリボン、説教壇にレインボーです。しかもスウェーデン国旗の隣りには、レインボー・フラッグ!
 これにはさすがのワタシも驚きました。日本でいえば、大きなお寺か神社でAIDSの犠牲者の追悼が行われ、日の丸の隣りに、レインボー・フラッグやレッドリボンが翻っているようなものですから。
 祭壇には12本のキャンドル。これはイェーテボリを含む西イェータランズ(Västra Götalands、人口約150万人)で、その年に犠牲になった人の数です。
 教会という地域の人たちがとても大切にしている場所での追悼。多くの参加者の中には、イェーテボリのスウェーデン国教会でもっても身分の高い聖職者である大司教も、イェーテボリ市のHIV感染対策の責任者のドクターもいました。彼らは紹介されて、拍手で迎えられました。
 スウェーデンとはいえ、実際には差別や偏見などいろいろなことがあるのでしょう。けれども、格式の高い教会で、宗教者や行政関係が参加して、こうした行事が開催されていることは、HIV陽性者やAIDS患者が社会の一員としてきちんと受け入れられ、尊重されていることの証のような気がします。Living togetherというのは、こういうことなんだろうなと思いました。
 このように社会に認められた形で追悼が行われるのも、やはり素敵なことだと思います。日本のお寺や神社でもこういうことができてもいいのかなと感じたもしました。
 ミサでは、ゲイのコーラス・グループ(Hellmans Drengar)が聖歌隊を務めました。ラストの歌は、なんとU2の”Pride(in the Name of Love)”。しかもアンコールつき。司祭者も冗談を交えて説教をするしで、厳粛さと楽しさが同居した素晴らしいイベントでした。
 ワタシも、少しだけですが寄付をして、キャンドルを供えさせていただきました。

 これはミサのプログラム。
 ミサのプログラム

 こちらは、このミサの主催者のひとつで、キリスト教徒のLGBのグループであるEHKO Göteborg(キリスト教徒のLGBのための統一グループ)のリーフレットです。
 EHKOのパンフレット

世界エイズデー

 今日、12月1日は「世界エイズデー」。
 レッドリボンのピンバッチをつけて職場に行きました。
 
 レットリボン

 Living together
 感染している人も、していない人も、一緒に幸せに暮らせる社会へ。
 そんな願いを込めて。

 

 REACH Online 2008 Sex and Gay Life

 ↑ REACH Online 2008
     https://www.j-msm.com/2008/

 ゲイ・バイセクシュアル男性対象としたHIV感染予防のためのインターネット調査です。
 20~30分ほどかかります。少し長いですが、よろしければ、ご協力ください。
 海外在住の方には答えにくい部分があります。それが少し残念ですね。  

≪お知らせ≫Living Together Cafe

 praycommittee Logo
 うちの相方が主宰しているHIV/AIDS予防啓発団体「pray.committee」が、岡山で「Living Together Cafe」 というイベントを開催します。
 楽しみながら、ちょっとだけ、HIV/AIDSのこと、考えてみませんか。

 Living Together Logo 
 HIVを持っている人も、持っていない人も、すでに一緒に生きている。

  「living together計画」については、コチラをご覧ください。
   http://www.living-together.net/



::::::::::::::::::::::::::::::

  フライヤー(表面) モデル:OTO-ZOU フライヤー(裏面)


Living Together Cafe in OKAYAMA

 岡山・香川でHIV/AIDS予防啓発をおこなっている pray.committee が、ぷれいす東京Rainbow Ringが共同で提唱している「Living Together計画」 に賛同して企画しました。

 「HIVを持ってる人も、そうじゃない人も、ぼくらはもういっしょに生きている」
 そんな思いとメッセージを音楽とともにお送りします。

 今年のテーマは~少しの愛でできること~

 それは「言葉」かもしれません。
 それは「態度」かもしれません。
 いっしょに考えてみませんか?

 そっ、ぼくらはもういっしょに生きています。


 ≪と き≫
  2008年08月23日(土)
  OPEN 21:00~24:00  

 ≪ところ≫
  OKAYAMA do-nut
   岡山市磨屋町7-1岡村ビル(ゴリラビル)3F
    TEL: 086-234-0450

 入場無料
  ※入場時にワンドリンク、オーダーしてください!

 ≪Special Guest≫
  長谷川 博史(日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス 代表)
   HIV陽性者であろうとなかろうと、わたしたちは同じ世界に生きている・・・
   現代のストーリーテラー。
   HIVアクティビストで陽性者支援、講演活動を精力的におこなっている。
     JaNP+[日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス]website
      http://www.janpplus.jp/top.html
  OTO-ZOU
   002年より「音造(OTO-ZOU)」としてインディーズ活動を開始、現在に至る。
   インディース・レーベルYOURFACTORY ENTERTAINMENT【SPINING RECORDS】所属。
      「OTO=ZOU」website
       http://oto-zou.hp.infoseek.co.jp/

 ≪Artists from OKAYAMA≫
  DJ PU-
   現在第1金曜日表町スローラウンジ「SLOWLY」にてレギュラーDJとして活動中。
  Garden
   ヴォーカル 清水康子
   ピアニスト 金谷修平
  OUTLET PRODUCTS
   櫻井シュウ(from YZY Entertainment Inc.)
   hiro☆(from Okayama Wind Ensemble)
  いまえ。
   一期一会

 ≪協力≫
  ぷれいす東京 http://www.ptokyo.com/
  Rainbow Ring http://www.rainbowring.org/
  OKAYAMA do-nut

 ≪企画・運営≫
  pray.committee http://www.pray-committee.net/

 ≪後援≫
  OHK岡山放送株式会社
プロフィール

Gustav

Author:Gustav
 ようこそ、ワタシのブログへ!
 ここではゲイである私の思いなどを綴っています。
 10か月間のスウェーデンはイェ-テボリでの生活を終え、帰国。現在、瀬戸内海沿岸に出没中。

  male★mail.goo.ne.jp
 (★を@に変えてくださいね)

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りのゲイ・ブログ
表示はアルファベット順です。
お勧めのサイト
表示はアルファベット順です。
All About 同性愛

ゲイ専用Blogリーダー:GBr

エイズHIVマップ すぐに役立つHIV(エイズ)の情報サイト

スウェーデン・LGBT向けSNS qruiser.com

スウェーデン・LGBT情報サイト QX.se

FC2カウンター
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
イェーテボリの天気
Bearforce1 ビデオクリップ
First Hit "Bearforce1"


New! "SHAKE THAT THING"


  • The official Bearforce1 website
  • ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。